おすすめ!自作すると便利な電化製品ベスト3選


1つ目 自作の定番?!「ノートPCやデスクトップPC」

それほどの知識が無くても、調べながら制作出来るのが「自作PC」です。メリットとしては、自分に最適なパーツを使い制作するため家電量販店で購入するより安くなる場合が多いことです。しかしその分、故障したときに補償が受けられない、パーツ選びに失敗するといったリスクも勿論存在します。そのため初心者はまずBTOサイトで出来るだけ安いPCを購入し、自分でその後パーツを用意して改造を行ってみるというやり方をお勧めします!

2つ目 意外に簡単「照明機器」

近代化が進みデスクワーク作業が増えた今日、手元を少し照らしたいときに照明機器はとても便利です。しかし、照明機器の自作はソケットや配線があって難しそうに見えます。ところが、最近ではソケットや配線はホームセンターで気軽に購入することができ初心者でも自作出来るようになったので、おすすめです!

3つ目 その音にこだわりを!「スピーカー」

最近では有機ELテレビなどの薄型テレビが流行となり、テレビの薄型化が多く見られます。メーカー側も出来るだけ高品質のスピーカーを搭載するようにしてはいますが、どうしても音が小さいといった問題は発生してしまいます。そこでオーディオスピーカーを自作することは、とにかく高品質の音を体感したいという方におすすめです!

どの製品にも言える留意事項!

どの製品にも言えますが、電化製品を自作するうえで専門性の知識は必要となります。それが複雑になればなるほどです。そこで電化製品を自作するにおいて便利な資格を紹介します。

それは『家電製品修理技術者』です。電化製品の内部構造や配線を学習出来るだけでなく、電化製品に対する知識も付けれるので、気が付いたら様々なジャンルの電化製品を自作することが出来るようになるでしょう。

プリント基板設計は殆どのエンジニアに必要な技術で、デザインの特徴や部品配置などの設計要件を満たしながら予算内で設計を行います。