1000円カットで失敗しないには?カット時のポイントを紹介


家でシャンプー・ドライヤーを済ませておこう

1000円カットは基本的にシャンプーをせずにすぐにカットに入るのが一般的です。そのため、店に着いた段階で髪の毛がある程度乱れてしまっていたり、ワックスやスタイリング剤などの整髪料で髪の毛がベタベタの状態だったりすることもあるでしょう。しかし、本来の髪質や髪型がわかりにくい状態で1000円カットへ行くと、いくら経験豊富な美容師でもかなりカットがやりにくく、左右非対称だったり、納得がいかない髪型になってしまったりすることも少なくありません。

そのため、1,000円カットへ行く際はできるだけお店に行く直前に家でシャワーとドライヤーを済ませておくようにしましょう。お出かけのついでなど万が一直前にシャワーを浴びることができないなら料金を上乗せしてでもシャンプーを頼むのがおすすめです。

女性はできるだけ髪の毛を縛らずに行こう

1000円カットは徐々にオシャレな髪型に対応しているお店も増えてきており、それに伴って女性の利用者も増加傾向にあります。そこで女性が1000円カットを利用する際に注意すべきなのが、髪の毛をヘアゴムで縛るなど癖が付かないようにすることです。先ほど解説したように1000円カットは直前にシャンプーを行わないのが一般的なので、女性だと髪の毛を縛った跡のせいでカットがやりにくくなってしまうことがあります。そのため、できる限り一切髪の毛をアレンジせずにお店へ行くようにしましょう。帽子やカチューシャ、ヘアピンなども同様であり、お風呂上がりの髪の毛を乾かした状態で向かうのが理想的です。

1000円カットのフランチャイズ は、不況の今だからこそ大盛況しています。大人から子供まで利用者が幅広く経営しやすいです。