展示会の会場準備と運営方法!大切なのはコンセプトとマニュアル!


会場準備はコンセプトを持って作り込む

展示会の会場準備はコンセプトを考えてからブースを作り込むことが大事です。展示会に出品する商品のコンセプトに合うブースを作りましょう。特に展示会ではビジュアルが重要です。遠くから見てもあの商品が売っていると分からないと、お客さんに見つけてもらえないことがあるのです。また、色々なブースが立ち並んでいるため、ブースの色や形で独自性を出すことも重要になります。会社のカラーや商品のイメージが伝わりやすいブースにすると、どこの会社なのか、何が紹介されているかが伝わりやすくなります。目だった上でコンセプトが伝わるようなブースにすれば、来て欲しいお客さんが集まりやすくなるのです。

運営マニュアルを作るとスムーズになる

展示会の運営はマニュアルを作っておくとスムーズになります。展示会に参加する人が全て売っている商品の専門家とは限りません。呼び込む人、資料を手渡す人、説明する人などの役割分担をするとたくさんの人に商品を紹介できます。また、マニュアルを開場前にしっかり全員に説明しておく必要があります。頭に入っているとスムーズに自分の役割を演じられるからです。自分がすべきことが分かると、ボーッと立っている時間が少なくなります。

お客さんの反応を見て途中で運営方法を変える

マニュアルを作っておくことは大事ですが絶対ではありません。前日のお客さんの反応を見ながら修正することも必要です。運営方法は柔軟に変えることで前日よりもお客さんをブースに呼び込めるようになるでしょう。そのためには展示会を半日ごとに分けて、成果を検証します。修正する点があれば、昼や夕方に作戦を練ります。上手くいかなかった点を修正して、展示会に関わる人に変える点を伝えましょう。

イベントは大規模なものから小規模なものまで幅広いです。展示会の施工の経験が豊富な会社は、レイアウトの選定に力を入れているので、会場の雰囲気が明るくなります。