実はすごい!通販の物流についてもっと知ろう!


通販の物流についての説明

通販の物流はインターネットを経由した通販業全般を指し示しています。従来の物流業と同じように入庫や検品などという作業があり、それらの行程を経て、商品が消費者の元へと届けられます。なおこれらの作業工程は通販物流会社に委託することができるのも、特徴の一つです。それぞれの通販物流会社は入庫した商品を保管しておくための倉庫を所有していて、その倉庫内で検品やピッキングをおこなっています。この倉庫内では常に商品の発送と補充がおこなわれているので、まったくなくなってしまうということはあまりありません。

通販物流で大事な在庫管理

通販の物流では発送や受注のミスを防止するために、常に在庫管理が実施されています。かつては紙媒体で管理内容をまとめていましたが、コンピューター技術が発達してからは、パソコンやタブレット端末を使用して管理しています。これによって紙資源の無駄使いを減らすことができるとともに、在庫数などの知りたい情報を素早く参照できるようになりました。タブレット端末の操作も簡単にできるため、作業時間の効率化及び短縮にも繋がったのです。

発送はトラックや航空機などでおこなっています

通販の物流作業における最終段階とも呼べるものが、発送です。この発送自体は主にトラックでおこなわれますが、届ける場所や商品の大きさなどによっては、船舶や貨物列車、航空機を利用することもあります。常温で保存可能なものは段ボールなどに詰めてから発送し、冷蔵品及び冷凍品の場合には専用のクーラーボックスを使用します。特に肉や魚などの生鮮食品は鮮度が命とも言えるため、受注後可能な限り速やかに目的地へと届けています。

EC物流を導入する際、現場のスタッフ体制、社内リテラシー、自社で扱う商品などを総合的に勘案して、最適な仕組みを選ぶのが妥当です。